【東京校】ギター科【必修選択科目】:GUITAR ELECTIVE


ギター科
GUITAR
カリキュラムはこちら!

エコノミー&スウィープピッキング 植田 考
エコノミーピッキングを使うとオルタネイトピッキングでは演奏しにくかったインターバルや弦移動が可能になります。インプロビゼーションを主体とするプレーヤーにお勧めします。
チキンピッキングをマスターしよう! 大橋 英之
チキンピッキングを基本から練習し、自分のフレーズに取り入れてみよう!
Blues Guitar “Backing” 岡 弘二
Bluesにおける理解を深め、Bluesで使用出来るバッキングの岡流アプローチに関するアイディアの習得。
アドリブトレーニング 岡 弘二
ワンコードからダイアトニックコード、そしてノンダイアトニックなど様々なコード進行でのアドリブ練習。コード進行に応じたスケールも伝授。
エコノミーピッキング研究所 梶原 稔広
エコノミーピッキング奏法を基礎から応用までフレーズを通して紹介・解説。将来的にフレーズを優先してピッキングパターンに囚われないようにしていくのが目標。
レガートギター研究所 梶原 稔広
レガート奏法(アコースティックと違いエレキギターで特に効果が映える奏法のひとつ)を基礎から応用までフレーズを通して紹介・解説。ハンマリング、プリング、スライド複合。
地獄の訓練所 小林 信一
地獄的なハイテク・ギターのイロハを学ぶメタルdeロックなギター中級コース。いわゆる地獄のメカニカル的な竹・松レベルの人を対象に、ハイテクMETALギタープレイの入口を案内し、テクニック向上のツボと理論を結びつけさせるのが目標。エコノミーやタッピングなどのテクニックを紹介・解説する。METALテイストを学習する基本コース。
Funk Groove GuitarⅠ 篠原 雅也
Funkyなリズムギターを通して、基本的なリズムを身につけるトレーニング!続編あり。
高速志願者よ 一歩前に出ろ!! 清水 保光
11週後には今よりも速く弾けるようになる! エコノミーとフルピッキングの双方を鍛える。
気分はグルーヴィー 善明 響一朗
ギタリストは、曲の中では9割バッキングが仕事。リフもあればクリーンなアルペジオやカッティングなど、音から分数までカバー。コードワークに興味を持っている人ならOK。
サウンドメイキング 松尾 洋一
アンプやエフェクトの簡単な仕組みやコントロールを理解し、自分のトーンを出せるようにする(機材の故障を減らすことにもつながる)。
Chord with Melody 本吉 大我
「何かギターで1曲弾いて!」と人前でギター1本で弾くはめになり、単音でメロディーだけ弾いてもサマにならないし、コードだけ弾いても何の曲かわからないし…という経験はないだろうか? ギター1本で人前で聞かせるには、コードとメロディーを同時に弾く技術が必要。このクラスは、そんなコードソロイングのテクニックを勉強する。人気のJ-POPの曲をコードソロアレンジで学習する。
トリッキーフレーズ 大橋 英之
様々な奏法を使用し、トリッキーなフレーズを紹介し、弾いてみる。開放弦を含んだフレーズ、長いスライドを含むフレーズ、タッピング、ノイズなど。
Jazz Guitar “Jazz Blues Adlib” 岡 弘二
Jazz Bluesのコード進行でのアドリブ・ソロの習得。フレーズ例のプリントを練習し、応用出来るようにする。
7弦の変態 小林 信一
自称7弦ギタリストや「玄人の7弦Again」を受講済みの学生対象。7弦の応用を変態趣向でレッスン。7弦ギター経験者のみ。原則2年生。7弦ギターの変則チューニングを研究して、7弦ギターの可能性を追求するのが目標。変則チューニングにおけるスケール、コード・トーンなどを勉強する。課題曲は信一オリジナルを予定。
Melodic Fusion Guitar 篠原 雅也
2週に1曲のペースで、Jazz・Fusion/Rockのギタリストを取り上げ、そのPlayを学ぶ。週1時間レクチャーと1時間のアンサンブル演奏。 Jeff Beck, John Scofield, Bill Frisell, Mike Landau…etc。
テクニカル&アカデミックな Penta Tonic 藤岡 幹大
ペンタだけでもテクニカル&アカデミックに聴かせられる。
Joe Satriani Guitar Secrets 本吉 大我
その41のレッスンの内容は非常にユニークかつ実用的なものばかりで、とても面白いものであり、スケールからコード、ハーモニクスに至るまで、とてもバラエティ豊か。 Joe Satrianiのユニークなアイディアに、ぜひ触れてみよう。
Seven Position System For Improvisation 本吉 大我
Seven Position Systemとは、本吉自身が提唱する、インプロビゼーション(アドリブソロ)のためのシステム。対象となるスケールはメジャースケール。ギターの指板上を幾何学的にとらえ、ポジションをビジュアライズすることでスケール等のボキャブラリーをマスターしていくのが特徴。固定のポジションではなく、指が指板のどこに位置しても、音をはずさないようにすることが目標。

ギター科
GUITAR
カリキュラムはこちら!

東京校 を詳しく知りたい方はこちら!

  • 授業見学&学校説明授業見学&学校説明はこちら!
  • Open Campus:無料体験レッスン 無料体験レッスンはこちら!

前のページに戻る

東京校 お問い合わせ&アクセス

  • 平日10:30~21:00
    土日 9:00~18:00
  • TEL:03-3476-1597
  • FAX:03-3476-4357
  • フリーダイヤル:0120-03-4007
  • 〒150-0043
    東京都渋谷区道玄坂1-16-6
  • MAP
東京校 お問い合わせフォーム