【大阪校】ベース科

ベース科

ベース科 サブタイトル

BITは革新的な教育を行うために設定されたプログラムによりスタートし、現在も世界の最先端の教育でベーシストを育成しています。
徹底的なテクニックトレーニングと無比なパフォーマンスのチャレンジがユニークな組み合わせを生み出し、Funk、Rock、Jazz、R&Bなど幅広い音楽のスタイルが習得出来ます。
どのようなプロフェッショナルやクリエイティブな目標でも、知識と経験を組み合わせることで、あなた独自のプレイスタイルを見つける環境がBITには整っています。

カリキュラム

必修CORE

  • ベース科 理論
  • ベース科 理論2
  • ベース科 理論3
能力開発メソッドでベーシストとしての土台を作る。

■Harmony&Theory

あらゆるジャンル、スタイル、パートに共通のトピック、すなわち、記譜法、スケール、トーナリティ、インターバル、コードボイシングとプログレッションおよびアナライズ、モード、転調など、コンテンポラリーミュージックの現場で要求される音楽理論を包括的に学習します。テキストは、概念的・抽象的アプローチにとどまらず、より実践的な理解がなされるようデザインされています。

■Ear Training

音程やリズムを聴き分ける、いわゆる聴音の学習です。実際の発声を通じて体得した身体的な感覚をもとに、音感を構築していくメソッドにより、初心者はもちろん、あらゆる段階の人に高度な聴音能力を提供することが可能となります。また、Harmony&Theoryと一定の連動性を確保し、音楽的素養の基盤を総合的に身につけます。

■Playing Techniques

コンテンポラリーなベースプレイヤーとして身につけるべきテクニックを、余すところなく示し、豊富な例題とともに効果的に学習します。まず、フィンガースタイルとスラップスタイルそれぞれの基礎となる、演奏時の姿勢、手のポジション、各指の独立、ピッキング、スラッピング、ミューティングなどを網羅し、次いで、ラテン、ジャズ、変拍子、ファンク、スウィング、シャッフル、ヒップホップなど、数々のグルーヴをマスターしていきます。

■Fretboard

フレットボードの全体的な把握なしに、よりクリエイティブなプレイを目指すことは難しいことです。逆に、プレイヤーはベースという楽器を自由に「使いこなす」ためのアイディアやエクササイズをふんだんに取り込む努力を惜しんではなりません。そのための大きな助けとなるのがこのFretboardです。Fretboardを「Basics」、「Arpeggios」、「Harmony」の3つの段階に分けて、スケール、トライアド、モーダルパターン、ハーモナイズドスケール、キーセンター、ポジションプレイング、ウォーキングベース、コードアルペジオ、パッシングトーン、シフティングなど、数多くのトピックを攻略していきます。

■Rhythm Section Workshop

パフォーマンスの前提となるアンサンブルテクニックを確立するためのワークショップ。アンサンブルの心構え、機材のセットアップ、サウンドメイキング、ソングフォーム、キュー、カウンティングなど、基本的なポイントを押さえたうえで、種々のスタイルやグルーヴを実践していきます。その過程で、メンバー間のコミュニケーション、リハーサルの進行、バンドマスターの役割、バンドサウンドのコントロールなど、ミュージシャンとしての、いわば「人間力」が試されるスキルも会得出来ることでしょう。

■Reading

リズムとピッチの基礎的なリーディングの方法から学ぶことはもちろんですが、スケールフォーム、ダイアトニックアルペジオ、アーティキュレーション、チャートリーディング、コードリーディングを経て、ロックやファンクをはじめとするコンテンポラリーな楽曲を、実践的にサイトリーディングしていきます。

ELECTIVE【必修選択科目】

  • ベース科 選択授業
  • ベース科 選択授業2
  • ベース科 選択授業3
過去に開講されたタイトルの一例です

■初級ベース(水元 マリオ)

フォームやリズム、譜面の読み方など、基礎の基礎からレッスンしていきます。(定員3人)

■リズム(水元 マリオ)

よく使うリズムから、少し変わったリズムまで、色々とベースで弾きます。リズム譜を読む、書くということもやっていきます。(定員2人)

■初心者ベース(加藤 一海)

はじめてベースに触る、基礎から楽しみたい人へ向けての授業です。TAB譜も読めるようになります!

■GET Groove(加藤 一海)

多様なグルーブに入り込みためにトレーニングしていきます。

■足でリズムを上手に取るために(ティム・ミラー)

足でリズムをキープする方法を勉強します。
Tim先生が長年実践しているテクニックを公開します。

■HR/HMベース(ティム・ミラー)

ハードロック/ヘヴィメタルのスタイルのベースを学びます。

■PICK PLAYING BASS(ティム・ミラー)

ベースをピックでプレイする為のスキルを教えます。

■セッション(喜多 淳裕)

往年の名曲や、定番曲を用いたセッションの中で、即興力やグルーブを磨いていく授業。2時間1ユニット。

■アドリブ(田中 静香)

理論に基づき解説しながら、様々なアプローチで12キー全てアドリブを出来るようにする。

Live Playing Workshop【アンサンブル科目】

  • LPWライブプレイングワークショップ
  • LPWライブプレイングワークショップ2
  • LPWライブプレイングワークショップ3

■Live Playing Workshop

MI流アンサンブルの授業。
最新ヒットから過去のスタンダードナンバーまで幅広く取り上げて体験していきます。
様々な音楽スタイルを吸収する事を目的としています。
そして、この授業の最大の特徴は、「仲間を見つけられる」ということ。
授業を通じてお互いを知りながら自分のバンドを組む為のきっかけを作ることが出来ます。

大阪校 を詳しく知りたい方はこちら!

  • いつでも個別相談会授業見学・学校説明に申し込む
  • エンタMI科体験バナー 体験レッスン

前のページに戻る

大阪校 お問い合わせ&アクセス

  • 平日:9時〜18時 土曜:9時〜18時 日曜・祝日:9時〜18時
  • TEL:06-6376-4611
  • FAX:06-6376-4789
  • フリーダイヤル:0120-69-8611
  • 〒530-0016 大阪府大阪市北区中崎3-1-2
  • MAP
大阪校 お問い合わせフォーム