【MI JAPAN 総合】OB&OG coldrainギタリスト Y.K.C

coldrainギタリスト Y.K.C

「とにかくバンドを組んでライブハウスに出ろ」ってことを強く言いたいです。

愛知県出身。MIジャパン名古屋校を卒業後、2007年に名古屋でMasato(Vo.)、Sugi(Gt.)、R×Y×O(Ba.)、Katsuma(Dr.)とともにcoldrainを結成。彼らの持ち味であるコントラストが心地良く伝わってくる珠玉の名曲群は彼らのルーツでもあるEmoやPunk、Metal、Hardcoreとポップセンスが絶妙に融合されており、ライブハウス発のシーンにおいて幅広い客層を掴めるポテンシャルに満ちている。

ギターを始めたきっかけは?

中2くらいのときだったと思うんですけど、音楽の授業でクラシックギターをやることになったんです。
当時は自分の周りに楽器をやったり、バンドを組んだりっていう文化がなかったけど、たまたま家に親父が使っていたアコギがあって、親父に「ちょっと教えてよ」みたいな感じで教わってたら、ほかの誰も弾けないのに俺だけ弾けるんで「お前スゲーじゃん!」みたいになって「これはオイシイな」と(笑)。

エレキギターに替えた時期は?

coldrainギタリスト Y.K.C中3の高校受験とかが終わりつつある頃に「俺は高校に入ったらエレキギターをやるんだ」とか言い始めるやつがちょこちょこ出てきたんですよ。
それで「エレキギターって何だよ?」って思って調べたら、「アコギとは違うんだ」ってことがわかったので、高校に入る直前に、お年玉でエレキギターを買いました。
高校に入ったら、ようやく自分より音楽に詳しいやつとかが出てきたんですけど、それでもまだインターネットが普及していない頃なんで、周りに全然情報がなかったんですよ。
だから新しい情報を求めて近くにあった楽器屋さんのギター教室に通ってましたね。

どんな音楽をやっていましたか?

当時はHi-STANDARDが出始めたり、「X-JAPANが弾けたら凄いやつ」みたいな時代でした。
最初のバンドは高1のときに組んだのですが、幼なじみのR×Y×O(coldrainのベース)もそのバンドにいましたよ。それは完全にコピバンで、普通にB’zとか、LUNA SEAとかをやってましたね。
仲間とそういうのをやりながら、ギター教室にも通っていまして、教えてもらっている先生は年が離れていたから、ディープ・パープルとかの超スタンダードなやつもやりました。
それこそビートルズの「Let It Be」のソロが人生初のギターソロくらいな感じです(笑)。

プロになろうと思った時期は?

高2くらいで「プロになろう」って思いましたね。もう授業を聞いているのが苦痛でしょうがなくて、「俺は勉強とかは無理な人なんだ」って思ったんですよ(笑)。それは両親にも言っていたので、当然「何言ってるんだ?」っていうことになるんですけど(苦笑)。
そこで「じゃあやめとくよ」ってなるんじゃなくて、俺はもう「家を出て行くことになっても音楽やるぞ」って感じでしたね。

音楽学校 MI ジャパンに入ろうと思った理由は?

今でこそ16、17歳とかでもカッコいいことをやってるバンドはいっぱいありますけど、当時はそういう人間が少なかったし、ネット社会じゃないから、今よりも情報が少なくてプロミュージシャンになる方法とかも、よくわからなかったんです。
そのときも結構頑張って練習はしていたんですけど、「絶対に上には上がいるはずだ」って思っていたし、とにかく情報が欲しかったのでMIジャパンに行ったって感じですかね。
「自分の知らない世界を知れたらいいな」って思ったんですよ。

実際に入学してみてどうでしたか?

入学する前は「世の中にはもっと自分よりも何十倍も上手いやつがいっぱいいて、そういうやつらがこういう音楽学校に入ってプロを目指すんだろうな」って思ってたんですよ。でも入ったら、意外とみんなそんなことなくて拍子抜けしました(笑)。
ただ、先生はやっぱりぶっ飛んで上手いじゃないですか。
当時はジャズ系の先生が多くて、授業でしょっちゅうアドリブをやっていたけど、そういうプレイが得意な先生方にはかなわないなって思いましたね。

MI ジャパン時代にやっておいて良かったことは?

coldrainギタリスト Y.K.CMI時代に先生方から聞いたことって、そのときはよく意味がわからなかったんですよ。「この授業は俺には関係ないわ」っていうことも当然あったけど、とりあえずノートだけはとっておいたんです。それが正解で、卒業してから昔のノートとかを見ると、先生が言ってたことがわかるんですよ。
「やべー、このネタ超使えるじゃん!」みたいなことが何度もありました(笑)。
やっぱり現場で音楽やって初めて理解出来るっていうか、話を聞いてわかったつもりでいちゃダメなんだなって思いましたね。

作曲のコツはありますか?

特にコツとかはないんですけど、曲を作るときに作業にならないようにするっていうのは、気をつけているところですね。
曲を作っていく中で「リズムはどうしよう?」とか「フィルとかキメはどうしよう?」ってなるときに、だんだん曲をパーツみたいに組み立てていくようになっちゃうことがあるんですよ。
そうなると最初に自分がこの曲のどこをカッコいいと思ったのかをどんどん忘れていっちゃって、頑張って作った曲にはなるけど、自分がカッコいいと思う曲にはならないんです。
「何でその曲をカッコいいと感じたのか」っていう部分を忘れちゃいけないというか、曲自体が持っているパワーがあってこそ、そこに意味があると思うので、それを見失わないように作っていく感じです。

ライブの本数が多いですが、ライブ活動を重視していますか?

自分がこういうミュージシャンでありたいっていう要みたいなものが人それぞれにあると思うんですけど、俺はでかいアンプをでかい音で鳴らせれば、もうそれだけで最高に幸せなんですよね(笑)。ライブではそれをずっとやっていられるんですよ。
自分もテンション上がるし、それを見てお客さんもテンション上がるっていう場が俺は好きだし、ロックバンドってそういうものだと思っているので、出来る限りライブはやりたいですね。

MI ジャパンで学ぶ後輩達に伝えたいことは?

MIにはいろんなジャンルのプロフェッショナルな先生がいっぱいいるわけだから、吸収出来るものは吸収して、いつか自分がふと振り返ったときに、引き出しの奥から引っ張り出せるくらいにはアンテナを張っておきましょう。
そうすれば絶対に後から「音楽の幅が広いですよね」って言われると思うし、その幅の広さがあるからこそ出てくるアイデアとかもあったりするから。
俺も今のプレイや考え方とかは少なからずMI時代からの発展系なんで(笑)。
あとは絶対にバンドをやったほうがいいですね。バンドでライブハウスに出てライブハウスに出ているバンド仲間をいっぱい作って欲しい。
自分が将来一緒にバンドをやるやつがその中にいるかもしれないし、実際に俺はMasatoもKatsumaもライブハウスで出会ったんですよ。
「とにかくバンドを組んでライブハウスに出ろ」ってことを強く言いたいです。

coldrainギタリスト Y.K.C


前のページに戻る
MI JAPAN 総合 お問い合わせフォーム