注目の画像 について 1024x476 - 約

日本でのギャンブルの歴史は揺れ動いていました。昔は、天皇が時間をつぶすためにある種の賭博を行なっていました。その後すぐに、賭博は大変人気となり、最初のプロの賭博師さえ生まれたのです。

しかしその後、日本での賭博の扱いは極端から極端に動きました。ある時には、都周辺に住む人口の大部分が賭博を嗜んでいるということも起きていました。

しばらくして、日本政府は賭博を依存的な性質があるとして脅威とみなし禁じました。その後も、規制付きで解禁、禁止が繰り返されました。

振り子が一定の速度で端から端へと触れるように、長年そうした状態が続きました。

現代の日本でも、ギャンブルはいまだに違法です。唯一の例外は、競馬やオートレースなどの特定の競技での賭けです。ギャンブルにもっとも近いものとして、パチンコと呼ばれるピンボールのようなシンプルなゲームがあります。

シンプルというのは、仕組みのことです。遊び方は、スチール製の玉を機械の中で転がし、特定の場所に入れることができたら当たりというものです。

遊び方はシンプルですが、玉を任意の場所に入れるように操作するやり方があるため、技術が必要なゲームだと考えられています。

実は、パチンコは18世紀後半のフランスで始まったのです。バガテルと呼ばれる、子供のためのビリヤードでした。

このコンセプトをシカゴの人々がさらに発展させ、現在のパチンコに近い、より大きな玉を使う機械を開発しました。

1920年代に、シカゴ産のこのゲームは日出づる国にやってきたのです。店の中に設置され、子供達の間で人気となりました。

そしてついに、パチンコが1920年代末に誕生し、パチンコマシンを揃えた店が作られました。80年代にはビデオゲームが登場し、パチンコもそれに倣い、今に至ります。

現在では大変有名なゲームとなり、政府ですらその重要性を否定できなくなりました。これまで、日本政府はパチンコ業界に2000億ドルも拠出しているのです。 これが、Mi Japanのウェブサイトがパチンコについて情報提供をする理由です。当サイトでは、ゲームとしてのパチンコ、その秘訣、その成長と国に与えた影響を見ていきます。